甲状腺乳頭癌の手術詳細について

甲状腺乳頭癌の手術時間はどのぐらいかかるの?

 

甲状腺乳頭癌と宣告されて、手術前になってくると、

 

不安や恐怖がおそってくるのではないでしょうか?

 

 

全身麻酔であれど、甲状腺乳頭癌の手術は短時間で終わることが多いです。

 

 

今回は手術時間を中心に詳細を詳しくご紹介していきます。

2時間から6時間の手術時間を見込んで

甲状腺乳頭癌の手術時間は

 

甲状腺片葉切除手術で2時間ぐらい、

 

 

甲状腺全摘出手術で3時間から6時間ぐらいです。

 

 

片葉切除手術とは、二本ある甲状腺のうちの一本を切除すること、

 

全摘出とは甲状腺をすべて摘出することを指します。

 

 

また、甲状腺にある悪性腫瘍が甲状腺内にとどまらず、

 

甲状腺の周りのリンパ節に転移しているケースも多いです。

 

 

こういった場合では、リンパ節に転移した悪性腫瘍も手術で取り除くため、

 

リンパ節への転移の数が多いほど、手術は時間がかかります。

 

 

 

「リンパ節に転移」と聞くと、他の癌ではもう進行度が高い、

 

深刻な癌のように思えますが、甲状腺癌のリンパ節だけは他の癌と違います。

 

 

甲状腺乳頭がんのリンパ節の転移の有無ははその後の予後に影響しない、

 

というのが医療界の共通認識です。

甲状腺乳頭癌の手術後、いつから普段の生活に戻れるの?

私が甲状腺乳頭癌を手術を受けた時は、

 

入院自体は一週間。仕事は抜糸後許可がでました。

 

 

抜糸自体は手術から二週間後ぐらいだったかと思います。

 

 

基本的に甲状腺乳頭癌の手術後の日常生活は

 

退院してから許可が降りるのが一般的です。

 

 

仕事については、重労働ではない限り、退院後一週間ぐらいで

 

許可する医者が多いようです。

 

 

いつ日常生活に戻っていいのか、いつ頃仕事復帰していいのかは

 

その患者さんの術後の状態にもよりますから、主治医によく相談するといいでしょう。

手術後気をつけたいこと

医療は日々進化していますから、

 

私が甲状腺乳頭がんの手術を受けた5年前より、

 

もっと状況はよくなっているかもしれません。

 

 

しかし、手術後不便だな、こうしておけばよかったな、という体験談も

 

役に立つかもしれませんので一応ご紹介しておきます。

 

 

■車の運転はしばらく厳禁

 

■美容院に行っておく

 

 

■ショールやスカーフを用意しておく。

 

 

 

この三つです。

 

 

甲状腺乳頭癌の切除手術は、首を切開し、縫合します。

 

 

手術後の私の感想は「首がつれる」感覚が強かったです。

 

 

なので、退院後しばらくは首の左右の運動、上下運動がしづらかった記憶があります。

 

特に車の運転はできないな〜と当時強く思いました。

 

 

手術後は首を動かしても何ら問題ないのですが、

 

やはり動かしづらい、という感覚があるので注意してください。

 

 

また、美容院ですが、やはり車の運転と同じ理由で、

 

手術後はあまり首を動かしたくない感覚になるかと思います。

 

 

美容院にいくと、首を大きく曲げる「シャンプー台」がありますよね?

 

 

当時の手術後の自分のことを思い出すと、やはり美容院に行くことは

 

難しかったと思います。数か月後にやっと行く気になれる、という印象でした。

 

 

 

甲状腺乳頭癌の手術は緊急オペというケースはあまりありません。

 

 

手術までしばらく時間がある方がほとんどかと思います。

 

 

手術前までにヘアスタイルを整えておくことをおすすめします。

 

 

また、甲状腺乳頭癌の手術後は、しばらくは傷がかなり目立ちます。

 

 

手術をする前にショールやスカーフを用意しておいて、

 

傷跡が気になる方はうまく隠せるといいと思います。